top of page

カベティーブログ 記事ページ

【集客ブログ構築】ブログ集客は最低半年は時間がかかるものと覚悟してください

東京都港区のウェブサイト制作会社カベティーです。


事業をしていると、ウェブサイト経由での問い合わせを増やし売上をのばすことを考えます。弊社でもGoogle検索の順位を上げてもっと多くの人に見ていただくための施策についてのお問い合わせが多いです。


ブログで集客できるようになるメリット


確かに、ブログで集客することができるようになればいいことづくめです。


ブログ集客で集客ができるようになると、広告宣伝費は圧倒的に少ないです。


また、自分の事業のコンセプトに共感した、ロイヤリティが高いお客様を集めることができます。


最初はそこまでファンでなくても、通っているうちに大ファンになってしまうお客様も集めることができます。


こうしたメリットがありますし、ブログを書いたほうがいいよとアドバイスされることが多いでしょうから、取り掛かる人はおおいです。


大規模な広告をかけられない小規模事業者にとっては、目指すべき道の一つです。


ブログは、これまでの集客のプロセスを自動化するもの


ですが、ウェブサイトでブログをつくったからといって、そこからすぐに売上につながるものではありません。


ブログでの集客というのは、今までオフライン(看板、チラシ、店頭説明など)で行っていた集客を代わりに行うものにしかすぎないので、集客の本質は同じです。


見込み顧客にまずは知っていただく、そしてサービス内容を理解してもらう、申し込むことを考える、体験申し込みをしてもらう、という流れです。最後の申し込みの部分までを一部、または全部オンライン(インターネット上でのやりとりでの説明・手続き)で進めるということです。


一例としてダンススタジオであれば、店舗の前に看板を作る、チラシを配る、地域コミュニティで宣伝する、口コミをもらうなどの方法で自分たちのサービス内容を知ってもらうことになりますが、その内容をブログで事業者の想いとともに書きすすめていくということです。


すこしずつ内容を増やしていくことで、訪問される方が次第にあなたのサービスのファンになっていきます。


そもそもブログは見てもらえないもの


対面のビジネスであれば、店舗を様子見する、チラシを見るなどの方法で知ってもらったお客様がサービスを試しに申し込んでみようかなという判断をすることになるのですが、それにも時間がかかります。


このステップをブログに代行してもらおうというわけですから、お客様がサービスを利用しようかなと重い腰を上げて申し込みフォームに内容を入力してくださるまでに一定の期間がかかります。


ブログを見てもらえれば時間を書ければじわじわとファンはひろがりますが、そもそも世の中にこれだけウェブサイトが氾濫している中で、ブログが書いてあるウェブサイトを見てもらうまでが大変です。


ブログは無料で利用できる集客媒体ですから、ライバルがおおいです。店舗を構える、広告を出す、チラシを配るなどの広告施策はすべてお金がかかりますが、ブログは無料です。


独自ドメインを使ってブログを書くとしても、月に1,000円ぐらいのものです。広告をまともにしていれば、何万円という金額が飛んでいきますから、タダみたいなものです。


とすれば、まずは無料でできる集客手段としてブログをはじめてみようかという事業者はたくさんいますので、そのなかで見てもらうのは大変なことです。


ECショップなどの順位を上げるのは大変


それでも実店舗があれば、その実店舗を知っている人が飛んできてくれますから比較的楽に見てもらうことができます。店舗の名前で検索してくださることも多いので、その場合はすぐに見てもらうことができます。「焼き鳥カベティー」という焼き鳥屋を仮に当店が運営していたとしましょう。


「東京都 焼き鳥」のようなキーワードで上位検索させるのは難しいですが、「焼き鳥カベティー」で検索した場合に検索結果上位に表示されれば、あとは見てくださいます。そもそも「焼き鳥カベティー」について興味があるからです。


しかし、ウェブサイト事業を営んでいる当社のように実店舗がないウェブ制作会社やECショップなどは、ウェブサイトにたどりついていただくまでのハードルが高くなります。


それをまずは覚悟してリソースを費やして運営していくことになります。


コツコツと更新してコンテンツを増やし、お客様に役立つ内容を増やしていくことで、次第にGoogle検索の順位が上がっていきますし、既存のお客様も見てくださるようになりますので、PV数(ウェブサイトを訪問してくださった方が閲覧したページ数)が増えていきます。


最初の半年は見てもらえないことを覚悟


ではどれくらい続ければいいのかというと半年が最初の目安になります。最初の三カ月ぐらいは書いても書いても誰にも読んでもらえない時間が続きます。


さきほどもお話しした通り、実店舗をもっていないビジネスであれば、ブログを見てもらう入口がGoogle検索に限定されますから、Google検索の順位が低いとそもそも見てもらえません。


継続していくことが何より大切


ただ、つづけていけば着実に効果が出てくるのがブログによる集客です。仕事に関係するキーワードは自然と増えていきます。


また、継続してブログを書いていればブログのリピーターの方が定期的に訪問してくださるようになるのでGoogle検索の順位は次第に上昇してきます。


書けば書くほど検索順位があがっていくなという感覚を持てるようになるには、半年くらいは時間がかかります。


挫折しなければそれでいい


ブログを開設して最初の半年間は、たくさんの時間を費やしてブログを書いていても効果が目に見えないので挫折しやすくなります。問い合わせを増やす、売上アップなどの具体的な成果をもとめるとまず挫折します。


いろいろブログのテクニックはありますが、半年間はとにかく続ければOK、ぐらいに期待値を下げてしまいましょう。


会社でブログを書いている場合には、担当者を決めたり、書く内容をきめたりと、気ままに書けない部分も大きいでしょうから、方針をきめるだけでも精一杯かもしれません。


ですから、ブログを続けることを最優先として、一人のお客様に向けて自分の仕事をわかりやすく説明することだけ、記事を定期的に書くことだけを考えていきましょう。










閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Comments


スポンサーリンク

下記サービスも受付中 カベティー+α

伊藤達也税理士事務所

会計顧問(個人・法人)・税務申告及び経営コンサルティングを展開

きらくにコンサルティング

中小企業診断士が行うWebマーケティング支援でビジネスを活性化

BrainMaid(ブレインメイド)

人材組織開発のコンサルティングサービス及び各種コーチングを展開

資金繰り改善プロジェクト

資金繰りに精通したプロのアドバイスとサポートで経営改善を実現

ステージングサービス

ホームステージング(モデルルーム)で空室対策を実施

大西工業

商業施設・工場・倉庫・一般住宅向けの建築板金工事

家族の絆 メモリアル工房

メモリアルジュエリー「完全防水」の遺骨リング・ペンダントを制作

森 弘道(Mori Hiromichi)

芸舞妓写真家 森 弘道(屋号名:Photo Forest)の写真作品・販売

うまトラレンタカー

小型・大型トラックのレンタカー提供(お手伝いスタッフプラン有り)

アークステップ(ARCSTEP)

イベントの企画・制作・運営(スタッフ派遣含む)をサポート

bottom of page