カベティーブログ 記事ページ

同じ質問でも伝わり方に違いが

更新日:4月26日

心に"まる"を 楽ライフスタイル

質問は、会話に膨らみを持たせてくれる素晴らしいツール。

しかし、会話の中で、何かに迫られているような、不安が前提になっている質問なのか、自分を肯定し、相手への興味・関心を前提にした質問なのか。同じ質問でも伝わり方に違いが出てしまう。会話の膨らみにも影響が出てしまう。

比較的多いのが、上司から「これを聞いてこい!」と言われたとき。営業であれば、お客様に質問するとき。中間管理職であれば、メンバーに質問するとき。上司から「これを聞いてこい!」と言われて、自分がどう感じているか。

質問することに抵抗はないんだけれども、会話が膨らまないと感じている場合には、今の自分は、どちらの前提で質問をしているのか?確認してみてください。

もし、不安が前提になっているなら、バッサリ捨てましょう。思いっきり捨ててあげてください。

●ポイント

自分を肯定し、相手への興味・関心を前提に質問していきましょう!

#お役立ちコンテンツ2



閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

スポンサーリンク

下記サービスも受付中 カベティー+α

伊藤達也税理士事務所

会計顧問(個人・法人)・税務申告及び経営コンサルティングを展開

資金繰り改善プロジェクト

資金繰りに精通したプロのアドバイスとサポートで経営改善を実現