いくら言ってもわかってくれない


心に"まる"を 楽ライフスタイル

何度も同じことを言ってるのに、伝えているのに、何でわかってくれないのかなぁ?人生に何度か経験したことがあるかもしれません。

あなたのために言っているのに。あなたのことを想って伝えているのに。

結論、わからない人にはわからないようです。

伝え方もいろいろあるかもしれませんが、一番重要なのは、タイミングだと思っています。その時相手にとっては、たまたま興味がなかったり、別のことに関心があったり。相手が0(ゼロ)の状態に、0(ゼロ)を掛けても、0(ゼロ)のまま。

もし諦められるようだったら、消費してきたエネルギーを少し回復させて、自分に対してどんどん使うようにしていきましょう。エネルギーの方向を変えてあげると、不思議なもので、今度は相手からアクションが来ることもあります。

「あのとき言われたこと、今になってようやくわかってきた気がする」

もう一度、自分を信じてみるようにしてください。見返りを求めなければ、きっと嬉しい瞬間に出会えるはずです。

●ポイント

その素晴らしいエネルギーを、自分のために使っていこう!

#お役立ちコンテンツ2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロモーション動画、ホームページ制作ならカベティー

コンテンツアイデア、ブログ、お役立ちコンテンツも連載中

  • カベティー(kabetee)
Copyright (C) 2016-2020 カベティー All Rights Reserved.